このサイトでは喜ばれる出産祝いについてお話しています。

洋服選びの注意

子供服を選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。
<サイズ> 子供服のサイズは、基本的に身長で表示されています。
とはいっても、同じ100と表示されていても、すべてが同じ大きさとはいえません。
メーカーによって少しずつ大きさが違う場合もあります。
またインポート物の子供服は、その各国の子供の標準体型に合わせて表示されているため、表示サイズの年齢や数字は同じでも、大きさがゆったりめに作られていたり、逆に小さめに作られていたりします。
さらに、各国の子どもの標準体型によって、子供服も袖の長さや裾の長さ、身ごろがすっきり細身に作ってあるか、ゆったりめに作ってあるかなど、様々な事情で異なります。
ですから、サイズだけを見て子供服を購入すると失敗することも多くあります。
最も失敗のない子供服の買い方は、子供を実際に連れて行って、試着をさせてみたり合わせてみたりすることです。
ただいつも子供を連れて子供服を買いにいけるとは限りませんので、せめて購入前には、ほしい子供服を実際に広げてみて、子どもの姿を頭で想像しながら、サイズが合うかどうかを検討する必要はあるでしょう。子どもの体にぴったり過ぎるデザインというのも、安全性という点から考えると、よく検討してみることが必要です。

生地

ぴったりなナイロン素材の子供服は、破れやすく、子どもに傷を負わせやすいものになっていますので、細身の子供服を買う場合には、生地が綿だったり、混合だったりするものを選ぶ方が安心です。
また、子供服の安全性を考えて100%オーガニックコットンにこだわるというお母さんもいらっしゃいますが、汚れの落ちやすさや縮み具合を考えると、化学繊維が含まれている生地のものの方が子供服に適しているという方もいらっしゃいます。
子供服は、汚れもしみも大人に比べてつきやすいので、洗濯の回数も多く、頻繁です。
それらにも耐えられる生地であることが望ましいとされています。
子供服を守るあまり、子どもの動きを制限する結果になってしまっては、本末転倒といえるでしょう。
<場所やシーンに応じた子供服を着させる> 入園式や卒園式、入学式等の晴れの舞台はもちろんのこと、発表会や食事会、演奏会など、場所やシーンに応じて子供服を変えるというのも、大切なことです。
その場にふさわしい子供服に変えることで、子どもはその場所やシーンの重さや意味を理解します。
特別な場所やシーンに特別な子供服を着れば、子どもの身も心もそれにふさわしく、静かにしたりおとなしくしたりするものです。

check

アイドルうぉーず

http://idolwarsz.com/

Last update:2015/6/8